文章作成とか、日記とか、忘備録とか。

文章を書くブログ。ついでに日記だったり、忘備録だったり。

風邪

朝起きた時から違和感があった。やけに体が疲れているし、なにか普段と違う感じが体の気怠さを加速させていた。のどが痛い。まあ風邪でも引いたか、と思いながら、朝飯を調達しつつ、風邪薬を探す。黄色い箱の、わりと有名な風邪薬を発見した。購入したのは…

読書感想文 オズの魔法使い

本を読んだよ。 オズの魔法使い (角川文庫) 作者: ライマン・フランク・ボーム,柴田元幸 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2013/02/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る これは、1月前ぐらいに読み始めたのかな。確…

たまには

普通の記事。まあたまには、ってネタがなくなればこっちが常時になるわけですけれどね。あ、おはようございます。 gigazine.net やはり、人に教わって、教えるといったやり方が一番ベストだろう。本読んで、というのも一理あるがいかんせん時間がかかる。ま…

読書感想文 7つの習慣ティーンズ

もう本しか読んでないやつみたいになってる。でもこれやらないと消化できないからね。本を読んだよ。 7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】 作者: ショーン・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン 出版社/メーカー: キングベアー出版 発売日: 2014/0…

読書感想文 女王はかえらない

女王はかえらないを読んだ。 【2015年・第13回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】女王はかえらない (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 作者: 降田天 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/01/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) …

読書感想文 あたりまえだけどなかなかできない 25歳からのルール

本を読んだ。 あたりまえだけどなかなかできない 25歳からのルール (アスカビジネス) 作者: 吉山勇樹 出版社/メーカー: 明日香出版社 発売日: 2009/11/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 26回 この商品を含むブログ (7件) を見る 読んだのはか…

映画鑑賞感想文 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

いや、いつの映画なんだという話。でも確か書いてなかったと思うので書く。すでに書いてたら申し訳ない。ごめんね。 コナンの映画を見た。見たのは公開日である2016/04/16のレイトショー。案の定多くの人がいた。まあそれでも楽しめたのはそこまで都市部では…

映画鑑賞感想文 貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子をみた。見たのは2016/06/27のレイトショー。最寄りのイオンシネマで上映してくれたので、行き帰りが楽だった。雨降ってたけど。 監督は前にもこのブログで紹介した、白石くん。 白石晃士 - Wikipedia コワすぎシリーズをはじめ、ノロイ、カルト…

書くことに意義がある

なんか、何にしても続かんからこの流れを今この瞬間に断ち切る。 biz-journal.jp 研究なんてその80%は枝葉をつけたようなものだし、そのうち40%は間違っている。間違っていたことに対してこれほど責めるのはお門違いである。研究とは99のミスの上に成り立つ…

全然

書いていなさすぎて震えた。まあ毎日絶望の日々なので書くことなんて読書感想文か映画鑑賞感想文ぐらいなんですわ。ということでこれからこの記事は今までの感じプラス、私の知識をインプット、アウトプットする場所にします。よろしく候。 なお基本的にWiki…

旅行に

行く。明日にいく。いや厳密には今日だ。まだ何にも用意してないし、寝てない。起きれるか不安だ。まあ、また写真をあげる。無事に帰ってこれたら、ね。

えいがえいが

映画。 zang-e.jp 残穢を観た。原作は未読。著者が小野不由美ということでそんな気はしていたが、案の定、ホラーではなかった。ホラーよりの、ホラーチックな、ホラー感のある、ミステリだ。いやまあそんな気はしていたのだけれど。穢れに触れると伝播する、…

映画なんて

見た。映画を。 www.foxmovies-jp.com オデッセイを観た。原題は"The Martian"。というか、字幕で見ていたから、というだけの理由かもしれないが、なぜ日本語のタイトルはオデッセイなのだろうか。原作小説も"火星の人"だ。なんで? まあとにかく、この映画…

本を読んだ。まあ、本を読むことでどうにかなるわけでもない。 Xの悲劇 (角川文庫) 作者: エラリー・クイーン,越前敏弥 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2009/01/24 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 19回 この商品を含むブログ (42…

無いという景色

たいして興味をそそるようなニュースが無い。せいぜいミサイル発射ぐらいである。 www.afpbb.com いくら長距離ロケットを向上しても、世界をひっくり返すことは絶対にできない。それで国としての力が向上するはずがない。だから周囲もそこまでピリピリする必…

どこかってどこ

自分探しではなく、自分を変える。この文言をどこかで読んだことを思い出した。何に書いていたのだろうか。まあ、そういうことで、最近は本屋に籠っている。図書館に籠る、ならわかるが本屋に籠れるのか、という疑問がわくであろうが、地元の大型ショッピン…

今年の春から職に就く予定だった。それも白紙になった。生きていく術が見えない。 weekly.ascii.jp こうやって企業は進化していくのか。昨今の動画社会を見れば、まだUSTREAMが意味のないものでは無いことはわかる。ただこれを活かせるかどうか、というとこ…

本リスト

2015年に読んだ本をリストしておく。 --小説-- 密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社文庫) その女アレックス (文春文庫) 虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社ノベルス) 占星術殺人事件 改訂完全版 御手洗潔 (講談社文庫) さとり世代探偵のゆるやかな日常 (…

ということで

完全に終了した。主にこれからの未来が。敷かれたレールの上から弾かれてしまい、予定されてた未来を消失してしまった人間。これからどうやって生きていこうか。世間からは完全にゴミ扱いされるだろう。なんの生産性もない、考えることもやめてしまった人間…

こんな時に

映画を観ました。2016年1発目の映画はこちら。 www.kizumonogatari-movie.com はい。傷物語-Ⅰ鉄血篇-を見てきました。以下ネタバレ注意。 っていっても感想だけだけどね。 原作は読んでいたので、内容は把握済みでした。なので、表現とか、シャフトらしさを…

新年

皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 といって早速やる気も何も無いわけですが。 年越しはニコニコ動画でヱヴァ一挙放送を見て、1月1日は午前3時ごろから地元にある神社に行っておみくじを引いてきました。その後1人で酒…

そんなわけで

大晦日ですね。こんな年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか。振り返ると、2015年は後半からダメでしたね。環境も運も、色々と。まあ、来年は、来年の今頃は笑えてるといいなあ。今年は読書に勤しんだ年といっても過言ではないかもしれません。この趣味を来…

猫騙しだって

早いものでもう12月だ。毎日通る通路にある百貨店もクリスマス一色になっている。私は昔から、1月から9月までは早く過ぎる印象を抱いている。その中でも1月から3月と4月から9月までは、分けられ、1月から3月はまったりと落ち着いているのだけれど、一方で物…

とかなんとか

読んだ本。 レバレッジ・リーディング 作者: 本田直之 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2006/12/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 39人 クリック: 528回 この商品を含むブログ (547件) を見る 思いのほか良かった。1日で簡単に読めたし、…

お金とか

結構前になるがこの本を読んだ。 改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) 作者: ロバートキヨサキ,白根美保子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/11/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含む…

ただ廃れる

すごく地獄にいる。辛すぎる。 gunosy.com 2004年にマドリードで何があったんだ。 マドリード列車爆破テロ事件 - Wikipedia しかし、テロだったり、それに対する報復だったり、大変だなあ。いつか日本も巻き込まれるだろう。 gunosy.com 早起きしようとして…

焦る事なんて無いのさ

まあ今の人生が失敗したら、新しい人間になったつもりでまた再起すれば良いだけかな、と思えた。一瞬だけだけども。 blogos.com なぜかこの人が苦手である。科学者にはかっこいいイメージがつくものなのだがこの人にはそのイメージが無い。そもそも科学者な…

そんな与太話

やたらと憂鬱だ。もう人生諦めているのかもしれない。それでも勝手に頭は働いてしまうものなのか。 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫) 作者: 島田荘司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1992/07/03 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 11回 この商品を含むブログ…

もう一冊

本を読んでいた。過去記事には無かったはずなので書く。後で見直してあれば消しておこう。 20歳からの人生の考え方 作者: 外山滋比古 出版社/メーカー: 海竜社 発売日: 2013/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る わりかし当たり前だったり、そう…

本を読んだ

本を読みました。 好きになられる能力 ライカビリティ 成功するための真の要因 (光文社新書) 作者: 松崎久純 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/03/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る パッととった本がこれだっただけなのだが、他人…

そんな感じ

本を読んだよ。 母性 (新潮文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 湊かなえの母性を読んだよ。思うのだが、これは母娘に限った話ではないのではないだろうか。この本で表現さ…

浅い夜

電車が止まったと思って外に出たら、電車のドアが閉まり、前方車両は進行方向へ、後方車両は進行方向とは逆方向へ、時速180kmで走っていってしまった。そしたら駅のホームへ拳銃を持った軍人達が乗り込んできて、周辺の一般人に発砲するではないか。私も巻…

懐疑的

SPECの結を観たい。天までは観たのに結を観ていないことについこの間気づいた。すっかり忘れていた。まあ忘れるぐらいならたいしたことではない、という考え方も一理あるが、思い出してしまったのだから、知的欲求は騒ぎ倒す。しかし周辺にレンタルうビ…

タイトルは無い

9月である。朝夕は涼しいが、昼間は暑い日々だ。世界陸上もとうとう終わってしまった。ようやく重い腰を上げ、作業や仕事に取り組むようになった。取り組まなければならない状況になった。ところでこの間、東京に行かなければならない日があったのだが、閉塞…

朝と夜の涼しさ

もう涼しくなってきている。夏が終わろうとしている。困る。高校野球も既に準決勝である。またこれも夏の終わりを告げる1つとなってしまっている。困る。残されたのは世界陸上ぐらいである。これが終わってしまうと、いよいよ死ぬしかない。困る。なんせ、何…

お久しぶりです

初めて夏バテというものを味わった。今までは、夏になると陽が射し、それが理由で暑すぎることを夏バテというのかと思っていたぐらい、夏バテというものを知らなかった。今年の夏になって、朝起きると気分が悪く、電車に乗っても吐気に襲われ、「顔、痩せま…

未来が無い

未来が無いんだよ。どうすれば良いのやら。しかし夏だ。窓を通して見る青空と雲が素敵だ。蝉が鳴く。 確率は観測可能なのか? - hiroyukikojimaの日記d.hatena.ne.jp 一応、というかなんというか、理系ではあるが確率というものをまったく理解していない。深…

暑すぎる

良くないことが立て続けに起こっていて、気持ちが萎えている。もう希望など持てないのだ。けどまあそれならそれで、何とかやっていくしかないわけであるが。しかし、この暑さ、どうにかならないのか。より億劫にさせている原因だ。ああ、曲でも創りたいな。 …

終わった七夕

何も面白いことが無い。無い、というより、無意識に拒絶しているだけかもしれない。やるべきことは、やりたい事ではないのでやる気がおきないのだが、やらなければ私の未来は無いので、嫌でもしないといけない。面白いことが視界に入ると、やるべきことをや…

夏至も終わり、

久しぶりにリフレッシュ出来た日だった。そんな気がする。2回もサイゼリアで飯食ったけど。街に出てうろちょろするのも楽しいね。ってことで映画を観てきたよ。トゥモローランド。 ディズニー映画『トゥモローランド』公式サイトwww.disney.co.jp ディズニ…

本を読んだよ

こちらである。 花酔いロジック 坂月蝶子の謎と酔理 (角川文庫) 作者: 森晶麿 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/05/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 大学のサークルである、推理研究会に入ろうとしていた主人公が酔理研究会に…

必死なのだ

すごく忙しいのである。来週に研究発表があるのでスライドを作らないといけないのだが、なんせやる気が無い。その上、知識すらまだ頭に入れていない。これではやる気が出ないのも納得だ。とはいえ、嫌でもやらなければいけないのだが。あ、これ全然必死じゃ…

6月11日

あまり仕事が進まない。手を動かしながら、模索しながらなところがあるから仕方は無いが。そういえば、ブログのリンクが切れている記事がいくつかあったような。あれって切れちゃうんだね。初めて知った。ところで、エンタングルメントって何だっけ。 佐賀県…

神様のうちわと、少女の祈り

体調不良と称して2日も研究室に行っていない上、ゼミ発表まですっぽかしてしまった。最近は多くのことが降りかかってきてしんどい。明日からはちゃんと行こう。 一般相対性理論から導き出される時空は「量子もつれ」が生成−東大、具体的計算で導く:日刊工業…

本読んだよ

もう忙しくてなかなか書けないから、書きたい時だけ書くことにした。つまり、これを書いているときはとても暇で、承認欲求にあふれているときだということである。 本を読んだ。 さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex) 作者: 九頭竜正志 出版社/メー…

繁忙期というフリ

間を凄くあけてしまった。やはり毎日書くというのは難しいなあ。ここ数日は立て込んでいて余裕がなかった。しかしできるだけ毎日書こうという気持ちはまだ持っているので、努力しよう。 1日にあちこちへ行くと疲弊してしまう。慣れない格好で慣れない言葉を…

休む、それの日

金曜日の晩にお酒を入れてしまったので寝起きが最悪だった。アルコールが入ると眠くなるのに、睡眠が良質なものにならないのはなぜだろうか。休日ということで外にも出ずに家にずっといた。明日は朝から外出だ。 シャープが「中小企業」に…税優遇狙い大幅減…

夏の気配

即席だが、ブログのサムネイルを作った。シンプルすぎる気がする。もっと洗練されたものはまたいつか。 担当教諭と軽くディスカッションした。話すことで考えが具現化していく。おかげで、その後の作業がスムーズに進んだ。まあ問題は山積みなのだが。パラメ…

怠惰になる日

結局、昨晩は寝落ちしてしまった。朝提出予定の書類は、今朝(厳密には昨日の朝)中に書き上げて提出してしまった。郵便局に多くの人がいたが、そういう時期なのだろうか。 ゴールデンウィーク明け初日ということで仕事にも身が入らない。調べなければいけな…

GW最終日

ゴールデンウィーク最終日ということで、帰省ラッシュがすごかった模様。まあ本当にしんどいのは次の日曜日の夜なのだろう。次の祝日は、7月20日の海の日まで無いということで、6月は地獄だなあ。 私は何をしていたかというと、明日朝に提出予定の書類を書か…